デジタルファクトリー 株式会社

  • カート
  • マイページ
  • お問い合わせ

〒111-0042 東京都台東区寿3丁目16番6号 鈴政ビル2階

  • TEL:03-6231-7390
  • FAX:03-6231-7393

LFS方式光造型機「Form 3」

LFS方式光造型機「Form 3」

Form 3はLFS(Low Force Stereolithography)テクノロジーを導入した革新的な光造型3Dプリンタです。
新構造のレーザーユニット(LPU)とレジンタンクによって実現したLFS方式により、高いレベルでの再現性と安定性を実現。
素早く確実に精巧な造形モデルを手に取ることができます。

紹介動画
特徴
Form 2との比較
豊富な樹脂材料

Form 3
本体価格 ¥575,000(税抜)
この製品を購入する

紹介動画

Form 3

完璧なプリントを、いつでも

ホームページ

Formlabs社 Form 3
https://formlabs.com/3d-printers/form-3/(英語ページ)

簡易スペック

25ミクロン

XY解像度

85ミクロン

レーザー径

250mW

レーザー出力

25-300ミクロン

積層ピッチ

14.5×14.5×18.5cm

造形サイズ

特徴

“LFS(Low Force Stereolithography)”方式

“LFS”方式とは?

新構造のレーザーユニット(LPU)とレジンタンクにより実現した革新的な光造形方式

→LFS方式を採用したことにより、より正確で安定性のある造形が可能に

・LFS方式

・LFS方式簡略図

LFS方式簡略図

*Form 2と比較し、剥離力が最大10倍低下

LPU(Light Proseccing Unit)

LPU

新構造の移動式レーザーユニット
移動式レーザーユニットにより、常に造形物に対して垂直にレーザーがあたることで、正確で微細な造形を実現
また、レーザーユニットが取り外し可能なため、Form 2に比べ、メンテナンス性が向上

フレキシブルレジンタンク

フレキシブルレジンタンク

レジンタンク底面に特殊なフィルムを採用
フィルムのたわみを利用し、造形時の剥離力を低減することで、プリント品質とプリンタの安定性が向上
そりや変形を抑えた正確で安定した造形を実現

ライトタッチサポート

ライトタッチサポート

85ミクロンレーザーと新構造レーザーユニットを掛け合わせ、より微細で滑らかな造形が可能となったことで、簡単に除去できるサポート構造を実現
後処理にかかる時間を削減することで、完成モデルを素早く手元に

アラート機能

20以上の統合的なセンサーを搭載しアラート機能が充実
オペレーターに寄り添った安心安全な設計

リモート機能

Form 2には搭載されていなかったリモート機能が追加
ネットワークに繋がっていればどこからでも造形が可能になったことで、活用の幅が飛躍的に拡大

Form 2との比較

仕様

あらゆる面でForm 2を超えるハイスペック3Dプリンタ

Form 2 Form 3
Form2 Form3
造形方式 SLA方式 LFS方式
  • より正確
レーザー直径 140ミクロン 85ミクロン
  • より微細
造形サイズ 145 x 145x 175mm 145 x 145 x 185mm
  • より大きく
サポート除去 タッチサポート ライトタッチサポート
  • より簡単

比較

同条件でのForm 2との比較画像(クリア樹脂)

積層間のずれを低減し、表面の粗さがなくなったことで、よりクリアな仕上がりに

Form 2との互換性

Form 2からのリプレイスや増設もスムーズに行うことができます。

※現在は一部対応していないものもあります

Form 2・Form 3共通

プラットフォーム

プラットフォーム

レジンカートリッジ

レジンカートリッジ

FormWash&Cure

FormWash&Cure

ソフトウェア

ソフトウェア

Form 2のみ

レジンタンク

レジンタンク

レジンタンクLT

レジンタンクLT

豊富な樹脂材料(スタンダード、エンジニアリング、ジュエリー)

お客様のさまざまな課題や用途に合わせた豊富な樹脂材料

樹脂材料

材料別造形事例

Standard(スタンダード)

Engineering(エンジニアリング)

Rigid(リジッド)

Tough & Durable(タフ & デュラブル)

Flexible & Elastic(フレキシブル & エラスティック)

Jewlly(ジュエリーなど鋳造用)

フレキシブル & エラスティックの比較

・フレキシブル80Aは、堅さと柔軟性を持ち合わせ、ゴムやTPUのイメージで曲げなどを表現できます。
 用途:ハンドル/グリップ/オーバーモールド、クッション/衝撃吸収性、シール/ガスケット、人体組織など

・エラスティックは、伸縮性に富み、シリコンのようなイメージで引き裂かれることなく伸び、曲げなどを行うことができます。
 用途:ストラップなどのウェアラブル品、伸縮性、押込みボタン、人体組織(軟質)など

フレキシブル80A

・ゆっくりと元の形状に戻ります。

フレキシブル80A

エラスティック

・素早く元の形状に戻ります。

エラスティック

タフ & デュラブルシリーズの比較

・タフ2000は、このグループの中で一番強度があり、 ABSに近い性質を持っております。(旧タフレジンのモデルチェンジ)
 用途:頑丈で強度が求められる試作、ABSシミュレーション、治具/固定具など

・タフ1500は、強度としなやかさを兼ね備えた材料で、PPに近い性質を持っております。
 用途:繰り返し曲げ、PPシミュレーション、治具(たわみを必要とする場合)など

・デュラブルは、靭性が高く、瞬間的な衝撃や耐摩耗性などを求められるモデルに向き、PEに近い性質を持っております。
 用途:低摩耗、スクイーズ(ボトルなどを潰すイメージ)、PEシミュレーションなど

デュラブル

デュラブル

タフ1500

タフ1500

タフ2000

タフ2000
この製品について問い合わせる

pagetop